営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

086-805-2266

 
 
住所

〒700-0962

岡山市北区北長瀬表町3-3-10

リクルート

スタッフブログ

   
2018/11/12  ショールームダイアリー  セールスマネージャー 小川 智敬
「贅沢」「高級」
小川 智敬 / オガワ トモノリ
[セールスマネージャー]
 

皆様こんにちは!

フィアット岡山の小川です(。・ω・。)ノ

 

皆様に質問です。

 

皆様にとっての「贅沢」とは何でしょうか?

 

休みの日に外出することなく、一日寝て過ごす。

 

旅行に行って、豪遊。

 

景色のキレイな場所に行き、のんびり過ごす。

 

いろいろな贅沢があると思います。

 

私にとっての贅沢は、値段を見ないでモノを買ったり、値段も聞かずにお酒を頼んでみたり・・・

 

小さな贅沢です(笑)

 

たまにこだわって、一般的なモノより高価なモノを買うこともあります。

 

書き心地の良いボールペンやデザイン的に欲しいと思った自転車、機能と見た目で選んだ釣り道具・・・

 

家族には

 

Σ( ̄□ ̄lll)

 

という顔をされます。

 

たまには贅沢も良いですよねv(。・ω・。)

 

連休取れたときに、温泉でも行って、ゆっくりしようかな。

 

それでは皆様には別の贅沢をお知らせします。

フィアット500 Lussoです。

 

ルッソはイタリア語で「贅沢」や「高級」という意味です。

 

イタリアの高級家具メーカーのポルトローナ・フラウ社製のレザーシート

 

 

専用デザインの15インチ アルミホイール、クローム仕上げのエクステリアミラーハウジング

 

今週末はこの限定車のフェアですので、かわいさと上品さが漂う、ワンランク上の限定車をご覧ください。

 

皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

 
   
2018/11/06  ショールームダイアリー  セールスマネージャー 小川 智敬
Italiana
小川 智敬 / オガワ トモノリ
[セールスマネージャー]
 

皆様こんにちは!

フィアット岡山の小川です(o^□^o)

 

仕事柄、車に関わるニュースがあると、見てしまいます。

 

YouTubeやTwitterなどの動画の解析で捕まったりするんですね。

 

約280キロで走行し、約220キロオーバー・・・

 

国内最高速度での検挙・・・

 

まだ勝てるとかネタでは言いますけど、絶対やっちゃいけない事ですね(。-`ω´-)

 

最高速150キロから300キロ超で走る車を扱っているのですが、かっこいいのは

 

走る車で安全運転をすることです。

 

回転数を上げていくと、良い音がするのも、試してみたいのも分かります。

 

その為にサーキットがあるんです。(≧v≦●)。。(●≧v≦)。

 

街中で見かけるフェラーリやランボルギーニが法定速度で走っているのを見ると、かっこいいなと思います。

 

車はスピードを出さなくても、楽しむ方法はいっぱいありますので、ぜひ安全運転でお楽しみください。

 

そんな安全運転でも楽しめる限定車が出てきましたので、お知らせします。

 

オンロード・オフロード共に楽しめるPanda 4×4ですO(≧∇≦)O

緑・白・赤ということで、イタリアの象徴トリコローレカラーです。

 

名前はイタリアーナと言います。

自分らしく楽しみ、カジュアルに、そしてアクティブに。

 

イタリア車をお楽しみくださいm(・ω・m)

 
   
2018/10/29  ショールームダイアリー  セールスマネージャー 小川 智敬
MAKE YOUR SCORPION
小川 智敬 / オガワ トモノリ
[セールスマネージャー]
 

皆様こんにちは!

アバルト岡山の小川です。・∀・)ノ゛

 

最近、仕事中に地図を見ることが多くなっています。

 

もちろん、車庫証明の為だったり、お客様がどんな道を通っているかの確認なのですが・・・

 

休みの日に行きたいお店とかないかなとか、自転車で走ると面白そうな道ないかなというのも見ています(笑)

 

中学生や高校生の頃に、自転車で走った記憶を辿っていくこともしていますが、

 

新鮮さで言うと知らない道を走るのが一番O(≧∇≦)O

 

ということで、たまにお客様に聞いてます。 

 

苦手なモノが無い為、何でもウェルカムv( ̄∇ ̄)

 

たまに勢いで買って、後から「何で買ったんだろ」と思うこともあります。

 

自転車なので、味見もしないで、見た目だけでワインを買うことも(笑)

 

自転車で酒屋に寄っている時点で完全に勢いです。

 

味は美味しかったので、たまには勢いも大事です∩´∀`)∩

 

ということで、皆様には新鮮さを感じていただき、勢いで行動していただく為に案内します。

 

この季節がやってきました。

では早速、私の独断と偏見で選んだお勧めトップ3をお知らせします。

 

独断と偏見なので、仕様はコンペティツィオーネ 左ハンドルMTです。

 

それでは第3位

ボディーカラーはBlu Podio、内装ブラウン、キャリパーカラーはイエロー。

 

キャリパーカラーがポイントです。

 

そして、第2位

ボディーカラーはAdrenaline Green、内装ブラック、キャリパーカラーはレッド。

 

ブラウンの内装があれば、1位でした。

 

このボディーカラーはアバルトオーナーから注目されるはず。

 

そして第1位は

ボディーカラーはGiallo Rally、内装ブラウン、キャリパーカラーはレッド。

 

間違いない仕様です。

 

いつもは1台だけを選ぶのですが、今回は3台選んでみました。

 

魅力的な組み合わせが多いので、皆様もぜひ試してみてください。

 

そして欲しくなったら、お声がけくださいO(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

 
   
2018/10/23  ショールームダイアリー  セールスマネージャー 小川 智敬
残り1台
小川 智敬 / オガワ トモノリ
[セールスマネージャー]
 

皆様こんにちは!

フィアット岡山の小川です(。>ω<)。

 

昨日、T様がご来店された際にマスクを着用されていたので、

 

「風邪ですか?」とお尋ねしたところ、

 

「いいえ、二日酔いです」という答えが返ってきて、

 

羨ましいと思ってしまいました(笑)

 

その後、

 

「3時ぐらいまで飲んでたから・・・」とおっしゃっていたのに対して、

 

「飲みに行くとそのぐらいになりますよね」と返した私・・・

 

後から考えてみると、3時とか朝までが普通と思っている・・・

 

常識とはズレていますよね(ノд`@)アイター

 

よく家族に怒られている気がします・・・反省していないですけど(笑)

 

ブログのネタないかな~と、他のディーラーのブログやニュースをチェックするのは普通かもしれませんが、

 

気付くと、「倉敷 居酒 屋」とか「倉敷駅周辺 オススメ 居酒屋」とか調べている時ありますからね( ̄∇ ̄)ニヤッ

 

もう小川の習性といってもいいかもしれません。

 

まぁ、楽しめているようなので、良しとしましょう(笑)

 

皆様にはフィアットを楽しんでいただく為の情報をお伝えします。

フィアットで人気の限定車。

 

フィアット500アニベルサリオ、フィアット500トロピカーレ、フィアット500Xエクストリーム

 

それぞれ残り1台となりました。

 

 まだ間に合いますよー!

 

いいなぁと思っていた方、無くなる前にお声がけください。

 
   
2018/10/09  ショールームダイアリー  セールスマネージャー 小川 智敬
小川 智敬 / オガワ トモノリ
[セールスマネージャー]
 

皆様こんにちは!

フィアット岡山の小川です(。・ω・)ノ゙

 

木曜日から最低気温が14度や13度となっているので、これで完全に秋らしい気候になるんですかね?

 

昼は暑いぐらいになるのはこれで終わりですかね?

 

気温が上がったり、下がったりすると、風邪が流行るんでしょうね(o´д`o)

 

そのニュースが出ると、社員に警戒されます(笑)

 

最近はほとんど風邪は引いていないんですけど・・・(T-T )( T-T)

 

そして、ニュースで見かけるようになった今年は暖冬らしいというニュース・・・

 

はい、疑っています(笑)

 

その時期が来れば、異常気象のニュースになっているような気がします。

 

スタッドレスタイヤを用意しておくのが良いかもしれませんね。

 

私は気合で乗り切ります(笑)

 

話がそれたので、秋に戻して、秋のフェアの案内です。

フィアット500とフィアット500Xで限定車が出ます。

 

サファイヤをイメージしたザッフィロと、ブラックボディのエクストリーム。

こんな仕様を待ってましたという方はお早めにお声がけください。

 

早々に売り切れる予感がします。

 

ご来店お待ちしております。

 
2018年11月(2件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ページ上部に戻る